トップ 検索 ログイン

Tips(7)

雑多な記録その7です。

ロクハンモータへの換装

Spur Z Room のかがみさんが、メルクリンZの旧型モーター(自分でブラシを交換するようになっているもの)をロクハンのモーターに換装する試みをされています。
https://spur-z-room.com/tips-details/tips1/1-17
https://spur-z-room.com/tips-details/tips1/1-18

メルクリンも最近は新型のコアレスモーターへの移行が進んできていますが、まだまだ旧型モーターも現役です。しかしメルクリンモータは、ブラシや回転子が汚れやすく清掃が必要、消費電流が大きく車輪やレールが汚れやすい、という点でロクハンモータのほうが扱いやすいのは確かです。かがみさんはDCC化とあわせて進められていますが、アナログのままでもロクハンモーターへの換装はメリットがあると思い、私もやってみました。
結果的に、オリジナルでは100〜200mA台(ブラシや回転子の汚れ具合でかなり変わります)の走行時の消費電流が、30mA強になりました。元には戻せない改造にはなりますが、やる値打ちはありそうです。

P6300863.JPG.s.jpg

左が換装したもの、右がオリジナルです。

やり方は上記のかがみさんのページに詳しく解説されている通りです。
異なるのは私はDCC化はしていないので、オリジナルのアナログの基板を改造して使っています。

P6300864.JPG.s.jpg P6300865.JPG.s.jpg

上がオリジナル、下が換装したものです。オリジナルの基板のままでは、開口部が短くてロクハンモーターが納まらないので、削って広げました。この時、架線集電の切替ネジがどうしても邪魔になるので、架線集電は諦めることにして取り除いています。そのため、切替ネジがレール側のときに通電している箇所が切れてしまうので、短い線を半田付けしてつないでいます。また、モーターとの接続のための線材も不要なので取り除き、ロクハンモーターへの線は基板に半田付けしました。

P6280859.JPG.s.jpg

基板を裏から見るとこうなります。左がオリジナル、右が換装のために削ったものです。

トップ スチール棚レイアウト スチール棚レイアウト(2) ティーテーブルレイアウト ピクニックモジュール ブックレイアウト トランクレイアウト ドラゴンボーンモジュール 220モジュール RZモジュール Zon1 Pike458 カウンターモジュール ボックスレイアウト 田毎ボックスレイアウト ポップアップトランクレイアウト 3Dデータ Zゲージのメンテナンス Tips Widget